FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

VERBALとは

東京都出身。血液型B型(過去の情報ではO型となっているが、後にB型と判明)。ラップ・リリック等を担当。在日コリアン3世で、国籍は韓国である(父親は戦前からいた在日コリアンの2世、母親は戦後来日。それぞれ韓国籍。)。Mr. V、Johnny Astro、L Universe(Hydeout Productionにおいて)、The Funky President(ファンキーな大統領、MIC BANDITZにおいて)などと名乗ることもある。

東京都世田谷区の聖メリーズインターナショナルスクール出身(1993年度クラス).。卒業後渡米しボストン大学(Boston University)に入学。在学中、自分を見失いかけた時に参加したキャンプをきっかけにキリスト教に目覚め、以後現在までプロテスタントのクリスチャンである。 卒業後はコンピュータ系企業で働くこともあったものの、付属神学大学院に入学して牧師を目指していた。

アメリカの少年院で数学を教えていた経験がある。有能な子供の才能が社会に活かされず、麻薬密売などの地下組織に利用されていた事に心を痛めたという。

著書に『alien alter egos―神のパズル それは僕自身』がある。レーベル"espionage records"主宰。MIC BANDITZにリーダーとして参加。TERIYAKI BOYZにも参加している。

趣味はショッピング、紅茶、メガネ(サングラス)、時計で、影響を受けたアーティストはKool Keith、NAS、Gang Star、N.W.A.、LL Cool J、Paff Daddy、RUN D.M.C.らである。

2007年にはパワー・フォー・リビングのCMにも出演している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スポンサーサイト

VERBAL トラックバック:2 コメント:4

ジャネット・リンとは

シカゴの郊外で生まれた。3歳半で初めてスケート靴を履き、5歳からフィギュアの訓練を始めた。1966年、12歳でジュニアの国内選手権に優勝。1968年には14歳でグルノーブルオリンピックに出場(9位)。金メダルのペギー・フレミングがプロに転向すると、ジャネット・リンはアメリカ女子フィギュア界のエースとなり、1973年まで5年連続で全米選手権を制した。

1972年、18歳の時に札幌オリンピックに出場。フリーではシット・スピンで尻もちをつく失敗があったものの、その美しい演技は札幌の観客を魅了した。芸術点で満点の6.0も出るなど高得点を獲得したが、当時のルールで重要視されていたコンパルソリーが苦手であったため、合計点で3位にとどまった。この出来事は翌年からコンパルソリーの比重を下げ、ショートプログラムを導入する一因ともなった。演技中、失敗したにもかかわらず終始笑顔で滑っていたことは、全世界で大絶賛された。

その愛くるしい笑顔から「札幌の恋人」「銀盤の妖精」と呼ばれ日本中で人気を得、カルピスのCMにも出演。選手村の自室の壁に「Peace & Love」と書き残して日本を離れたが、この建物が分譲アパートとなった後もこの落書きは消さずに保存されている。

1973年、145万ドルという破格の契約金でプロに転向した。また1998年に開催された長野オリンピックにおいて、オリンピック親善大使として任命され、マクドナルドのCMに出演。久しぶりに公の場に姿を現した。

その後、2007年1月に、キリスト教の文書伝導を目的とするパワー・フォー・リビングのキャンペーンに、日本ハム ヒルマン監督・かつて「久保田早紀」の芸名で活動していた歌手久米小百合・音楽ユニットm-floのMCであるVERBALとともに出演。

2001年、フィギュアスケートの世界殿堂入り。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジャネット・リン トラックバック:2 コメント:1

トレイ・ヒルマンとは

トレイ・ヒルマン(Thomas Brad (Trey) Hillman、1963年1月4日 - )は、プロ野球監督。アメリカ合衆国・テキサス州出身。2003年から2005年までは、日本のプロ野球12球団で最年少監督だった(2007年現在は、2006年から就任した、東京ヤクルトスワローズの古田敦也選手兼任監督が最年少)。

現役時代はメジャーリーグでの選手経験は無かったが、マイナーリーグで11年間監督経験を積む。その後テキサス・レンジャーズ育成部ディレクター兼フィールドコーディネーターを経て2003年より北海道日本ハムファイターズの監督を務めている。背番号は88。

マイナーリーグでの監督時代から、現・広島東洋カープのマーティ・ブラウン監督とは親友の間柄であり、2006年のセ・パ交流戦では再会を喜び合った。

2006年、北海道日本ハムファイターズをレギュラーシーズン1位に導く。同年10月12日、プレーオフを制し、25年ぶりにパシフィック・リーグ制覇を成し遂げ、そして、10月26日に中日ドラゴンズとの日本シリーズを制し、遂に44年ぶりの日本一を成し遂げると同時に、パシフィック・リーグフラッグに引き続き、日本チャンピオンフラッグの、初の「津軽海峡越え」を達成。第2回KONAMI CUP・アジアシリーズ2006で、見事に、2年連続で日本勢によるアジアチャンピオン達成。パ・リーグ、日本シリーズのチャンピオンフラッグに引き続きアジアシリーズのチャンピオンフラッグも津軽海峡越えに成功し道民やプロ野球ファン等からは「北のヒルマン」と言わせた。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

トレイ・ヒルマン トラックバック:0 コメント:0

久米小百合とは

久米 小百合(くめ さゆり 〈旧姓:久保田〉 1958年5月11日 - )は日本のキリスト教音楽家。独身時代はシンガーソングライター久保田 早紀(くぼた さき)として知られたが、現在はクリスチャンの音楽伝道者として、本名で演奏活動をしている。

東京都国立市出身。1979年、共立女子短期大学文科国語専攻卒。1981年にめじろ台のキリスト教会でプロテスタントの洗礼を受ける。夫は音楽家の久米大作。もの悲しい旋律に乗せた神秘的な歌声や、独自の宗教観を謳いこんだ歌詞などが特徴的であるとされる。

4歳の頃からピアノを習い始め、短大在学中にCBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)に自分の歌を録音したカセットテープを送り、オーディションに合格した。

1979年10月1日に『異邦人』でレコードデビュー。当初から三洋電機のCMにサビの部分が使用され、そのオリエンタルで神秘的なムードに注目が集まり、じわじわと売上げを伸ばしブレイク。12月13日、「ザ・ベストテン」に第5位で初登場した際には、その容姿にも注目が集まった。12月27日には第1位を獲得、1980年1月17日まで3週連続(正月休みを挟み実質4週)1位の座にとどまり、その後3月6日まで12週の長きにわたり連続ベストテン入りする大ヒットとなった。同年12月発表したアルバム『夢がたり』もヒットし、一躍話題のニューミュージック歌手となる。

2作目以降も、得意のオリエンタル・エキゾチック路線を狙った曲を発表し、アルバム「サウダーデ」ではポルトガルの「演歌」ファドへの憧憬から、現地のアーティストの演奏をバックにしたポルトガル録音版を発表したりするなどした。しかしながら、「『異邦人』の久保田早紀」のイメージは終始つきまとうことになり、その後、根本的なイメージ・チェンジを図るに至った。1981年の『オレンジ・エアメール・スペシャル』では曲調をがらりと変え、夏らしいポップな路線でCMにも起用されたが、この路線では、デビュー時のインパクトに勝る活動はできなかった。その後はヨーロピアン調の曲なども手がけた。

1984年、久米大作との結婚をきっかけに、久保田早紀としての商業活動を中止。その後は本名で音楽伝道者として活動。各地の教会などで教会音楽とアートを融合させた伝道コンサートを行っている。

異邦人』はその後も他ミュージシャンのカバーやCMなどで聞かれる機会が多く、2005年にも再び三洋電機のCMで流されるなど、長く歌い継がれる曲に成長している。

2007年、パワー・フォー・リビングのCMに出演。このCMは全国の多くの地域で放映され、20年以上の時を経てのマスコミへのメジャー出演となった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久米 小百合(久保田早紀) トラックバック:1 コメント:0

久米 小百合(久保田早紀)そのほか

久米小百合は27年前に久保田早紀の名前でデビュー曲「異邦人」が150万枚の当時としては超大ヒットをしたおかげで、まるで暴走列車に乗ったように流されて自分を見失ったそうです。

そのときにこのパワーフォーリビングに出会って、自分を取り戻したそうですが・・・

ヒルマン監督は昨年44年ぶりの日本一に日本ハムファイターズを導いたが、現役時代からずっとメジャーとは無縁だった彼が成功できたのは
幼いころから神を信じてきたからだそうです。


VERBAL(m-flo)やフィギュアスケート銅メダリストのジャネット・リンもこのパワーフォーリビングという本に出会ったおかげで現在の成功を手に入れている・・・

宗教というのは、こういう人が迷ったときに行動するよりどころになるのでしょうか?
確かに彼らが成功するのにこの本に頼ったことは事実でしょうが、全ての成功がまるでこの本のおかげのような言い方は何かまるで、普通の情報商材の売り文句のように聞こえる。

そして、彼らがこのような宣伝をしていると、彼らの成功が何か陳腐なものに思えてしまう。

何かのおかげで成功できました、というのはいいがこういう売り込みみたいなやり方は好きではない。

久米 小百合(久保田早紀) トラックバック:0 コメント:1

| パワー フォー リビングについてTOP |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。